2013年5月6日月曜日

星の王子さま ボードゲーム

プレイ人数:2-5人
時間:1時間くらい

 親プレイヤーはプレイヤー人数分のタイルを、星の中央/外周1/外周2/キャラクターの山のいずれかから取ります。そして自分で1枚選んだあと、次のプレイヤーを選んで渡します。渡されたプレイヤーは自分のを選んで他のプレイヤーに渡して…という指名ドラフトゲームです。キャラクターのタイルに記載の条件を、自分の星が満たしていれば得点です。

 個人的にはドラフトするだけ、という手軽さから勧めているのですが、プレイ後に私含めてみんな嫌そうな顔をしているのが印象的なゲームです。わらい。指名ドラフトなので、最後に回ってくる人のところには本当にしょうもないタイルしか来ないんですね。

 バオバブの木のお陰で荒涼たる星を作ってしまったり、火山列島みたいな星になって減点になったり、しかも指名ドラフトのお陰でそれが回避できなかったりで、なかなか後味のアレなゲームです。得点計算がちょっと大変なのも、ドラフト時にそうそう簡単に暗算させないためでしょう。

 プレイ時間が短いのでゲームの合間に放り込みたいのですが、始めると次のゲームの選択が難しいですネ。この後に協力ゲームとかはやり難いかもデス。わらい。

0 件のコメント:

コメントを投稿