2013年4月21日日曜日

第13回 ミスボド

 4/20は第13回ミスボドに参加して来ました。やったゲームは龍王の鉱山、Room25、ディヴィナーレ、チケット・トゥ・ライド メルクリン、ダンジョンクエスト、インカの黄金、それは俺の魚だ、空飛ぶチーズ、王への請願、NINJATOで計10個。NINJATOは時間が足りずにゲーム終了に至りませんでしたが、満足、満足。

 勝ったのはRoom25の疑念プレイとディヴィナーレだけ。どちらも初プレイですが、ディヴィナーレの読み合い+カードのドラフトの組み合わせは非常にいい感じでした。Totalで36枚あります。そこから12枚引きます。残った24枚の構成を当てましょう、というゲーム。

 36枚は4種類のカードに分かれ、それぞれ12/10/8/6枚ずつで36枚。今回は4人プレイなので手元に6枚来て、それをドラフトしたり配置したりして消費して行きます。ピタリ賞が+3、ニアピン賞が+1、それ以外は-1、というスコアです。始めはどうすっかなあ、と思いましたが、2回目くらいから2種類はピタリ狙い、残り2種類はマイナスを取らない、くらいの狙い方で進めたところ、なんとか勝利。

 私は最初のドラフトで3種1枚ずつ=相手の情報量を増やさない方に賭けていましたが、ドラフトした手札に準じて行動が決まるので、相手のアクション幅を広げるリスクはありますね。どっちがいいんだろ?

 メルクリンは途中で一貫性を失ったので崩壊してしまいました。序盤に焦ったのがよくないですね。ダンジョンクエストはターン制限で終わっちゃいました。まあそうゆうゲームですし、ですし。

 龍王の鉱山は綺麗なゲームだったなあ…コンポーネントも綺麗ですが、やっていることが綺麗。色を矛盾無く揃えて配置する、というそれだけなんですけれども。わいわいやるゲームではないので、顔がしかめっ面になりやすいのが難点です。わらい。囲碁の時も大体そんな表情だもんなあ。

 空飛ぶチーズは単純に面白かった! チーズがぽこんぽこん飛んでいくのが絵的に大変よろしいです。真面目に射角とか考えるゲームではないので、気楽に楽しめました。

 NINJATOは始めルール分からんなあ、と思ってましたけど、1ターン回したら分かった。ニンジャは平氏の屋敷を殲滅! 何故かその屋敷は源氏の支配下に!! みたいなゲーム。なんじゃこれ。テーマ性は意味不明で笑っちゃいますが、ルールは得点源が多彩なので良いゲームです。

 次回は5月、エクリプスかEVEか持って行きたいですねえ。ミスボドとしては初の車参戦でしたが、こっちの方がいいっすね。

0 件のコメント:

コメントを投稿