2012年12月24日月曜日

第9回「ミスボド」

 ゲームそのものの紹介もそうですが、参加したイベントの記録も残していくことにしました。こんなゲームを遊びましたよー、という記録です。

 12/8(土)は蒲田で開催されている「ミスボド」に参加しました。これで2回目、前回は1回飛ばして第7回でした。

 元々そんなに多くのゲーム会に参加しているわけではないのですが、ミスボドは簡単なゲームから時間のかかるものまで、新しいものから古いものまで色々プレイされているのがよいですね。人数が多いからか、あまり定番的なものがなく、みんなが自由にやりたいものをやれる雰囲気が素敵です。

 プレイしたのはギャラクシートラッカー、ドワーフの王様、ブラフ、テラフォーマー、豚小屋、巨竜の歯みがき、ヴェニス・コネクション、ブラックウィーン、レジスタンス、イヌねこ大脱走で10個。結構やってるもんですねえ。

 ギャラクシートラッカー、ブラックウィーン以外は軽めのゲームなのでサクサク進みました。あまり時間のかかるゲームができなかったのですが、それよりも種類を楽しめたことをポジティブに考えた方がいいですね。

 私が持って行ったゲーム(蒸気の時代/Rise of Empire/ドワーフの王様/Hey! That's my fish!)はドワーフの王様のみプレイという体たらくではありましたが、インスト含めてなかなか上手く行った感じでよかったです。トリックテイキングの連勝が3で止まっちゃいましたけど。

 第10回は1/12(土)なので、それまでにまたゲームを準備しておこうと思います。第17捕虜収容所とかかな?

2012年12月19日水曜日

キー・ハーベスト (Key Harvest)

プレイ人数:2-4人
時間:2時間くらい

 プレイヤーは農場の主になり、街で売られている農地を買ったり、労働者を配置したりして収穫を得ていきます。勝利点の1つは確保している農地の広さですが、1番目に大きいスペース×1点と、2番めに大きいスペース×2点なので、1つに偏らずに広げる必要があります。

 「わーい牧場物語できるぞー私1回もやったことないけど」と思って手に入れましたが、予想に反して重量級かつこってり風味。1つの農場のスペースを相手と取り合うのですが、相手が一度手に入れた土地は以降取得不可能です。よってかなりの競争になります。

 自分の盤面に畑が広がっていくのはビジュアル的に結構楽しいです。個人的にはあまり長考しないひとの集まりでのプレイ推奨かなあ。考え始めるとキリがないので、まあサクサク進めた方がいいと思います。

2012年12月10日月曜日

カンブリア (Cambria)

プレイ人数:3-5人
時間:30分くらい


 サイコロを振って、出目に応じて自分のコマを配置していきます。配置によって盤上の砦が完全に包囲されれば陥落です。最も多くコマを置いている人がVPを得ます。時々2番手の人もVPを得ます。

 ルールは簡単ですが、なかなか配置の検討が難しい。お手軽なエリアマジョリティゲームとしてはよくできていると思います。難点は、盤面が異様に小さいこと。あともう1サイズ大きければルートも見やすかったのになあ。

 私のプレイ時はお邪魔コマであるローマ軍をみんな使っていなかったのですが、本当はもっと積極的に使って6点を取らせないようにすべきだったのかな。すぐ終わるし、メンバー変えていろいろやってみたいゲームです。

ミッドガルド (Midgard)

プレイ人数:3-5人
時間:1時間半くらい


 ヴァイキングになって、ラグナロクを戦い抜くエリアマジョリティです。ある地域に自分のコマが一番多く置いてあれば得点です。3ラウンドしかないので、割とあっさり終わります。


 各ラウンドの最初に、ラグナロクが発生する場所を決めます。で、そこに置いてあるコマはラウンド終了時にみーんな死んじゃいます。死んだ時に得点を生むのと、死んだ人は次のラウンド、また自由に配置できるのが特徴です。もちろん、死ななければずっと地域に配置され続けますから、安定的に得点を生み出してくれます。

 配置がドラフトによって決まるカードに依存するので、思った場所に置けないもどかしさがいい感じです。みんなラグナロクで死んじゃうという諸行無常なところも私好みで大変よろしいです。

アドベンチャラーズ ホルスの神殿(The Adventurers: The Pyramid of Horus)

プレイ人数:2-6人
時間:1時間くらい

 プレイヤーは遺跡荒らしになって、宝の眠るホルスの神殿に潜っていきます。たくさん宝を得ると重たくなって動きが遅くなりますが、ピラミッドは徐々に崩落していくので、あまりノロノロしていると脱出不可能になってしまいます。


 私のゲーム会では崩落を恐れるあまり、入口前で潮干狩りプレイに徹するひとがいたりと、全然アドベンチャーじゃないじゃん! みたいな感じになっていました。荷物やダメージを受けると脚が遅くなるし探索もできなくなるので、どのあたりで見切りをつけるかがなかなか難しいです。


 最速4ターンであっさり終わっちゃうかもしれませんし、ジワジワとスペースが埋まっていく中、落石をくぐり抜けて華麗に脱出できるかもしれません。ゲーム毎に展開も結果も変わるかな? という感じです。


 芸者ニンジャなる意味不明なキャラクターもいるので、みんなで楽しみながらやれるゲームです。

アーカムホラー 完全日本語版

プレイ人数:1-8人
プレイ時間:3-4時間くらい

 重量級協力ゲームです。アーカムシティの人々となって、クトゥルフに代表される神々の復活を阻止するゲームです。完全に協力ゲームなので、みんなで相談しつつ進めます。


 ターンはプレイヤーの移動、アーカム/異界でのイベント、モンスターの移動と戦闘、これを繰り返して進めていきます。イベントカードは拡張などで増やせるのもいいですね。


 初プレイ時は装備も揃えずに異界に突入したりモンスターに襲いかかったりと、プレイヤーのSAN値が疑われる展開でしたが、2回目はギャングがいたのもあり、「武器は強い」という当たり前の認識の下、慎重に進めたら勝てました。まあ処理をミスしている可能性はあったのですが…


 ターン中に処理することが多いので、忘れないようにプレイするのも一苦労。でもやはり楽しいですね。雰囲気も出てるし、モンスターが強力なのでプレイも「強大な敵に立ち向かう」感があって好きなゲームです。

ドワーフの王様 日本語版

プレイ人数:3-5人
プレイ時間:30分くらい

 好き嫌いが分かれる、というかWebでさっくり見る限りはあんまり評価されていませんが、私はそもそもトリックテイキングが大好きなので、このゲームも大好きです。


 トリックテイキングというのは「全員がカードを出していって、一番大きい数字を出した人の総取り」というもの。このゲームは「最初に出たカードと同じ色のカードを持っているならば必ず出さなくてはいけない」というマストフォローです。


 得点ルールは毎回変わりますが、実際に得点ができないことも多々あります。その場合は「いかに相手の得点条件を満たさせないか」という妨害ゲームになるわけですし、得点できるときもかなり気をつけないとあっさり点を取られます。もちろん、自爆しちゃって得点ゼロの場合もあります。


 私は好きなのですが、意外と前述の通りトリックテイキングは不人気な場合が多く、なかなか難しいナー、とか思っていたりします。


イノベーション 日本語版

プレイ人数:2-4人
プレイ時間:1時間くらい

 発明が描かれたカードを手札に、自分の文明を発展させていくゲームです。

 世界の七不思議に比べると、対角線上にいるプレイヤーからも影響を受けるので個人的にはこちらの方が好み。あっという間にカードの効果がインフレしていくので、瞬く間に文明が発達していく様は割と楽しいです。

 カードゲームの常として、初プレイ時にカードの効果がイマヒトツ分からないままプレイになり、あとで「ああ、ああしておけばよかったなあ」的な感慨を抱いたりします。やはりカードゲームは1回全カードサマリ作らないとなあ、みたいな。

 初プレイの説明に時間が多少かかる感がありますが、手軽にできるけれども考えさせる作品で、良いゲームだと思います。

すきもの

プレイ人数:2-6人
プレイ時間:30分くらい

 場に出ている茶器を山札の中から探して買い付け、それを売ることによってお金を稼ぐゲーム。一番早くに50文稼げば勝利。
 
 山札がそれぞれ東海道や南海道にて売られている茶器群を表していて、そこからキアイでばばばばばっとカードを探していきます。同じ山札を攻めた方がカードの順番や買える茶器を覚えていくので、「東海道に詳しい目利き」的な存在になれたりします。もちろん、全国を漫遊して茶器を探すのもいいでしょう。順番が遅いと、せっかく買った茶器が値下がりしているかもしれません。

 カードを探すアクションが楽しいのと、その動作が掘り出し物を探すという行為にちゃんと連動しているのとでよかったです。難しいゲームではないので、合間の息抜きゲームとしても重宝です。